NASDAQ100(ナスダック100指数)構成銘柄

NASDAQ100 構成銘柄一覧 / 採用銘柄の構成比率や業種ウェイトなどについて解説!

NASDAQ100 Indexは、金融先進国であるアメリカの代表的な株価指数の一つで、世界中の投資家が日々その動向に注目しています。

本文では、NASDAQ100 構成銘柄一覧と採用銘柄の構成比率(上位10銘柄)や業種比率(セクター別ウェイト)、銘柄入れ替え、ナスダック100指数の推移(長期チャート)などについて解説!
株式投資 初心者の方にもわかりやすく解説しています。

NASDAQ100 Indexとは?

NASDAQ100 Indexとは、世界初の電子株式市場であるナスダック(NASDAQ)に上場する企業の中から金融銘柄を除いた、時価総額上位100銘柄の時価総額加重平均によって算出される株価指数です。

日本でNASDAQ100 Indexは、ナスダック100指数やナスダック100などと言われています。

ナスダック100指数(NASDAQ 100 Index / NDX)と混同しやすい、ナスダック総合指数( NASDAQ Composite Index / IXIC)は、ナスダックに上場する全銘柄を対象として算出される株価指数です。

 NASDAQ100 構成銘柄一覧


米国を代表する株価指数のNASDAQ100に採用されている銘柄は、世界的に有名な会社が多く知っている会社や知らず知らずの内にサービスや製品を利用している会社も多くあると思います。

どんな会社がNASDAQ100に採用されているのか、NASDAQ100 構成銘柄一覧を是非チェックしてみてください。

銘柄コード」をクリックすると、その銘柄のチャートが見れます。
銘柄名」をクリックすると、IR(投資家向け情報)を確認する事ができます。

データ更新日:2021年12月31日

構成銘柄一覧が、ご不要な方は NASDAQ100 構成比率 / 上位10銘柄 へお進みください。

ANSSアンシス
ANSYS, Inc.
(Technology)
ASMLASMLホールディング
ASML Holding N.V.
(Technology)
ATVIアクティビジョン・ブリザード
Activision Blizzard, Inc.
(Technology)
ADBEアドビ
Adobe Inc.
(Technology)
AMDアドバンスト・マイクロ・デバイセズ
Advanced Micro Devices, Inc.
(Technology)
ABNB  エアビーアンドビー
Airbnb, Inc.
(Transportation)
ALGNアライン・テクノロジー
Align Technology, Inc.
(Health Care)
GOOGLアルファベット
Alphabet Inc. Class A
(Technology)
GOOGアルファベット
Alphabet Inc. Class C
(Technology)
AMZNアマゾン
Amazon.com, Inc.
(Consumer Services)
AEPアメリカン・エレクトリック・パワー
American Electric Power Company, Inc.
(Public Utilities)
AMGNアムジェン
Amgen Inc.
(Health Care)
ADIアナログ・デバイセズ
Analog Devices, Inc.
(Technology)
AAPLアップル
Apple Inc.
(Technology)
AMATアプライド・マテリアルズ
Applied Materials, Inc.
(Capital Goods)

TEAM

アトラシアン
Atlassian Corporation Plc Class A
(Technology)
ADSKオートデスク
Autodesk, Inc.
(Technology)
ADPオートマチック・データ・プロセシング
Automatic Data Processing, Inc.
(Miscellaneous)
BIDUバイドゥ
Baidu, Inc.
(Technology)
BIIBバイオジェン
Biogen Inc.
(Health Care)
BKNGブッキング・ホールディングス
Booking Holdings Inc.
(Transportation)
AVGO  ブロードコム
Broadcom Inc.
(Technology)
CSX  CSX・コーポレーション
CSX Corporation
(Railroads)
CDNS  ケイデンス・デザイン・システムズ
Cadence Design Systems, Inc.
(Technology)
CHTR チャーター・コミュニケーションズ
Charter Communications, Inc. Class A
(Consumer Services)
CTAS  シンタス
Cintas Corporation
(Miscellaneous)
CSCO シスコシステムズ
Cisco Systems, Inc.
(Technology)
CTSH  コグニザント・テクノロジー・ソリューションズ
Cognizant Technology Solutions Corporation Class A
(Technology)
CMCSA コムキャスト
Comcast Corporation Class A
(Consumer Services)
CPRT コパート
Copart, Inc.
(Miscellaneous)
COST  コストコ
Costco Wholesale Corporation
(Consumer Services)
 CRWD クラウドストライク・ホールディングス
Crowd Strike Holdings, Inc.
Technology
DDOG  データドッグ
Datadog, Inc.
(Technology)
DXCMデクスコム
DexCom, Inc.
(Health Care)
DOCUドキュサイン
DocuSign, Inc.
(Technology)
DLTRダラー・ツリー
Dollar Tree Inc.
(Consumer Services)
EAエレクトロニック・アーツ
Electronic Arts Inc.
(Technology)
EXCエクセロン
Exelon Corporation
(Public Utilities)
FASTファステナル
Fastenal Company
(N/A)
FISVファイサーブ
Fiserv, Inc.
(Technology)
FTNT  フォーティネット
Fortinet, Inc.
(Miscellaneous)
FOXFOXコーポレーション
Fox Corporation Class B
(Consumer Services)
GILDギリアド・サイエンシズ
Gilead Sciences, Inc.
(Health Care)
HONハネウェルインターナショナル
Honeywell International, Inc.
(Industrials)
IDXXアイデックス・ラボラトリーズ
IDEXX Laboratories, Inc.
(Health Care)
ILMNイルミナ
Illumina, Inc.
(Health Care)

INTC

インテル
Intel Corporation
(Technology)
INTUイントゥイット
Intuit Inc.
(Technology)
ISRGインテュイティヴ・サージカル
Intuitive Surgical, Inc.
(Health Care)
JDJDドットコム
JD.com, Inc.
(Miscellaneous)
KLACKLAコーポレーション
KLA Corporation
(Capital Goods)
KDPキューリグ・ドクター・ペッパー
Keurig Dr Pepper Inc.
(Consumer Non-Durables)
LRCXラムリサーチ
Lam Research Corporation
(Technology)
LCID ルシード・グループ
Lucid Group, Inc.
(Capital Goods)
MARマリオット・インターナショナル
Marriott International Class A
(Consumer Services)
MRVLマーベル・テクノロジー・グループ
Marvell Technology Group Ltd.
(Technology)
MTCHマッチ・グループ
Match Group, Inc.
(N/A)
MELIメルカドリブレ
MercadoLibre, Inc.
(Consumer Services)
FBメタ・プラットフォームズ
Meta Platforms, Inc.
Technology
MCHPマイクロチップ・テクノロジー
Microchip Technology Inc.
(Technology)
MUマイクロン・テクノロジー
Micron Technology, Inc.
(Technology)
MSFTマイクロソフト
Microsoft Corporation
(Technology)
MRNAモデルナ
Moderna, Inc.
(Health Care)
MDLZモンデリーズ・インターナショナル
Mondelez International, Inc.
(Consumer Non-Durables)
MNSTモンスター・ビバレッジ
Monster Beverage Corporation
(Consumer Non-Durables)
NVDAエヌビディア・コーポレーション
NVIDIA Corporation
(Technology)
NXPI NXP・セミコンダクターズ
NXP Semiconductors N.V.
(Technology)
NTESネットイーズ
NetEase, Inc. 
(Miscellaneous)
NFLXネットフリックス
Netflix, Inc.
(Consumer Services)
ORLYオライリー・オートモーティブ
O’Reilly Automotive, Inc.
(Consumer Services)
OKTAオクタ
Okta, Inc. Class A
(Technology)
PCARパッカー
PACCAR Inc.
(Capital Goods)
PANW パロアルトネットワークス
Palo Alto Networks, Inc.
(Technology)
PYPLペイパル・ホールディングス
PayPal Holdings, Inc.
(Miscellaneous)
PAYXペイチェックス
Paychex, Inc.
(Miscellaneous)
PTONペロトン・インテラクティブ
Peloton Interactive, Inc. Class A
(Consumer Services)
PEPペプシコ
PepsiCo, Inc.
(Consumer Non-Durables)
PDDピンドュオドュオ
Pinduoduo Inc.
(Miscellaneous)
QCOMクアルコム
QUALCOMM Incorporated
Technology
REGNリジェネロン・ファーマシューティカルズ
Regeneron Pharmaceuticals, Inc.
Health Care
ROSTロス・ストアーズ
Ross Stores, Inc.
Consumer Services

SGEN

シージェン
Seagen Inc.
Health Care
SIRIシリウス XM ホールディングス
Sirius XM Holdings Inc.
Consumer Services
SWKSスカイワークス・ソリューションズ
Skyworks Solutions, Inc.
Technology
SPLKスプランク
Splunk Inc.
Technology
SBUXスターバックス
Starbucks Corporation
(N/A)
SNPSシノプシス
Synopsys, Inc.
Technology
TMUSティーモバイル・US
T-Mobile US, Inc.
(Public Utilities)
TSLAテスラ
Tesla, Inc.
(Capital Goods)
TXNテキサス・インスツルメンツ
Texas Instruments Incorporated
(Technology)
KHCクラフト・ハインツ
The Kraft Heinz Company
(Consumer Non-Durables)
VRSNベリサイン
VeriSign, Inc.
(Technology)
VRSKヴェリスク・アナリティクス
Verisk Analytics, Inc.
(Miscellaneous)
VRTXバーテックス・ファーマシューティカルズ
Vertex Pharmaceuticals Incorporated
(Health Care)
WBAウォルグリーン・ブーツ・アライアンス
Walgreens Boots Alliance, Inc.
(Health Care)
WDAYワークデイ
Workday, Inc. Class A
(Technology)
XELエクセル・エナジー
Xcel Energy Inc.
(Public Utilities)
XLNXザイリンクス
Xilinx, Inc.
(Technology)
ZMズーム・ビデオ・コミュニケーションズ
Zoom Video Communications, Inc.
(Technology)
ZS ゼットスケーラー
Zscaler, Inc.
(Technology)
EBAY  イーベイ
eBay Inc.
(Consumer Services)
LULUルルレモン・アスレティカ
lululemon athletica Inc.
(N/A)

 NASDAQ100 構成比率 / 上位10銘柄


NASDAQ100に採用されている銘柄の中で、構成比率の高い上位10銘柄です。

NASDAQ100の構成比率は、
上位10銘柄だけで50%超になります。
NASDAQ100の上位10銘柄は、日本でも商品の販売やサービスの提供を行っていて馴染みのある企業なので頭に入れといて、個別に株価チャートや決算内容のチェックをすると良いと思います。

アルファベットはNASDAQ100 構成比率 上位10銘柄に2つランクインしておりますが、これは株の種類の違いです。
GOOGLAlphabet Inc. / Class A)は、通常の株式。GOOGAlphabet Inc. / Class C)は、議決権なしの株式になります。

データ更新日:2021年12月31日
1
11.65%
AAPL(Technology)
アップル
Apple Inc.

2
10.09%
MSFT(Technology)
マイクロソフト
Microsoft Corporation

3
6.76%
AMZN(Consumer Services)
アマゾン
Amazon.com, Inc.
4
4.76%
FB(Technology)
メタ・プラットフォームズ
Meta Platforms, Inc.
5
4.24%
TSLA(Capital Goods)
テスラ
Tesla, Inc.
6
4.14%
NVDA(Technology)
エヌビディア・コーポレーション
NVIDIA Corporation
7
3.68%
GOOG(Technology)
アルファベット
Alphabet Inc. Class C
8
3.48%
GOOGL(Technology)
アルファベット
Alphabet Inc. Class A
9
1.82%
AVGO(Technology)
ブロードコム

Broadcom Inc.
10
1.79%
ADBE(Technology)
アドビ
Adobe Inc.

出典:Nasdaq(fact sheet NASDAQ-100/2021.12.31)

 NASDAQ100 業種比率(セクター別ウェイト)


NASDAQ100 業種比率(セクター別ウェイト)のグラフです。

NASDAQ100の業種比率は、現在Technologyで50%超のウェイトを占めています。

Technology業種の内訳は、ソフトウェア関連 14銘柄、半導体関連 12銘柄、情報・通信関連 13銘柄、電気機器関連 4銘柄で合計43銘柄になります。

データ更新日:2021年12月31日
スマートフォンは横向きで全体表示になります。

出典:Nasdaq(fact sheet NASDAQ-100/2021.12.31)

 NASDAQ100 銘柄入れ替え


NASDAQ100の銘柄入れ替えは、毎年12月中旬頃に実施されます。

銘柄入れ替えの基準は、時価総額の順位でその年の10月末または11月末時点での時価総額を基準にしてNASDAQ100の銘柄入れ替えが行われます。
組み入れ基準から外れた構成銘柄が出た場合には、都度入れ替えが行われています。

・時価総額上位 100位以内は残留。
・101位~125位でも前年の順位が100位以内なら残留。(前年も100位以下の場合には除外。)
・前年の順位に関わらず、125位以下は除外。

NASDAQ0100に新規採用される銘柄は、NASDAQに上場する銘柄で時価総額の大きい順に採用されます。

 NASDAQ100 銘柄入れ替え / 2021 追加銘柄

ABNBエアビーアンドビー
Airbnb, Inc.
(Transportation)
DDOGデータドッグ
Datadog, Inc.
(Technology)
FTNTフォーティネット
Fortinet, Inc.
(Miscellaneous)
LCIDルシード・グループ
Lucid Group, Inc.
(Capital Goods)
PANWパロアルトネットワークス
Palo Alto Networks, Inc.
(Technology)
ZSゼットスケーラー
Zscaler, Inc.
(Technology)

 NASDAQ100 銘柄入れ替え / 2021 除外銘柄

CDWシー・ディー・ダブリュー
CDW Corporation
(Technology)
CHKP チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ
Check Point Software Technologies Ltd.
(Technology)
CERNサーナー・コーポレーシ
Cerner Corporation
(Health Care)
FOXAFOXコーポレーション
Fox Corporation Class A
(Consumer Services)
INCYインサイト
Incyte Corp.
(Health Care)
TCOMトリップドットコム・グループ
Trip.com Group Limited
(Consumer Services)

 NASDAQ100 推移(長期チャート)


NASDAQ100 週足終値ベース 約30年(1990~)の長期チャートです。

NASDAQ100は、ドットコム・バブル崩壊により2000年3月につけた最高値 4,816.35$から80%超の下落がありました。

2009年前半頃まで軟調な推移が続きましたが、そこから緩やかな上場に転じ2016年8月にようやく最高値を更新し、それ以降は右
肩上がりの強い上昇を続けていてコンスタントに最高値を更新しています。

スマートフォンは横向きで全体表示になります。


NASDAQ100 リアルタイム価格は、 NASDAQ100 CFD リアルタイムチャートをご確認ください。

 米国市場 取引時間


米国市場の(NY証券取引所)立ち合い時間は9:30~16:00です。

日本市場と違い、お昼休みはありません。

米国はサマータイムが導入されており、夏時間と冬時間があります。

日本時間での米国の立ち合い時間は下記の通りです。

夏時間は22:30~5:00
冬時間は23:30~6:00

ニューヨークと日本の時差は夏時間で‐13時間、冬時間で‐14時間です。

夏時間は、3月(第2日曜日)~11月(第1日曜日)までの約8ヶ月間になります。

 NASDAQ100 Index まとめ


NASDAQ100 Indexとは、世界初の電子株式市場であるナスダック(NASDAQ)に上場する企業の中から金融銘柄を除いた、時価総額上位100銘柄の時価総額加重平均によって算出される株価指数です。

日本でNASDAQ100 Indexは、ナスダック100指数やナスダック100などと言われています。

ナスダック100指数(NASDAQ 100 Index / NDX)と混同しやすい、ナスダック総合指数( NASDAQ Composite Index / IXIC)は、ナスダックに上場する全銘柄を対象として算出される株価指数です。

ナスダック100指数 まとめ

 NASDAQ100 構成銘柄一覧 


NASDAQに上場する世界的に有名な企業100
社が選出されいる。

 NASDAQ100 構成比率 / 上位10銘柄 

NASDAQ100の構成比率は、上位10銘柄だけで50%超になります。
NASDAQ100の上位10銘柄は、日本でも商品の販売やサービスの提供を行っていて馴染みのある企業なので頭に入れといて、個別に株価チャートや決算内容のチェックをしましょう。


 NASDAQ100 業種比率(セクター別ウェイト)

NASDAQ100の業種比率は、現在Technologyで50%超のウェイトを占めている。

 NASDAQ100 銘柄銘柄入れ替え 

NASDAQ100の銘柄入れ替えは、毎年12月中旬頃に実施されます。
銘柄入れ替えの基準は、時価総額の順位でその年の10月末または11月末時点での時価総額を基準にしてNASDAQ100の銘柄入れ替えが行われます。

 NASDAQ100 推移(長期チャート)

2009年前半頃まで軟調な推移が続きましたが、そこから緩やかな上場に転じ2016年8月にようやく最高値を更新し、それ以降は右肩上がりの強い上昇を続けていてコンスタントに最高値を更新しています。

 米国市場 取引時間 

米国はサマータイムが導入されており、夏時間と冬時間がある。
日本時間での米国の立ち合い時間は下記の通りです。
夏時間は22:30~5:00
冬時間は23:30~6:00

今回は上記の6項目から、NASDAQ100指数について解説しました。
一度で全てを理解するのは難しいと思いますので、何度か読み返していただくと理解が深まると思います。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。


米国株を購入できる証券口座を、まだお持ちでない方には買い付け手数料0円で、1株からでも米国株の取引ができるDMM.com証券がおすすめです。
もちろん証券口座の開設費用や維持費なども無料!

スマホから簡単に誰でも取引口座開設ができるので、米国市場にアクセスできる環境をDMM.com証券で整えてみてはいかがでしょうか!

個人投資家の間で人気が高いNASDAQ100の値動きに連動するETF、インベスコ QQQ トラスト・シリーズ1( QQQ )なども買い付け手数料0円で取引ができます。

 株価チャート 一覧

Internet Explorerは非対応です。
チャートを表示するには、Microsoft Edge,Google Chromeなどでアクセスしてください。

当サイトの各種掲載情報やコンテンツは、投資勧誘を目的にしたものではありません。実際に投資を行う際は、当サイトの情報に依存して投資判断を下すことはお控え下さい。株式や先物取引などの金融商品の取引は元本割れリスクや多額の損失を出す恐れがあります。
投資に関する最終判断の決定は全て自己判断、自己責任で行うようお願い申し上げます。
当サイトの各種掲載情報やコンテンツ内容によって起因するトラブルや発生した損害等につきまして当サイトは一切の責任を負わないものとします。また当サイトからリンクやバナーなどによって他サイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報やサービス等についても一切の責任を負わないものとします。予めご了承お願い申し上げます。